地主と第三者で異なる買取り


相続した借地権を買取りしてもらう候補者として第一にあがるのが底地権の所有者である地主です。売却、処分したいと考えている借地人から地主にその旨を伝えるのが当然ですが、その際は、売却希望価格を提示することになります。借地権価格は、一般的には更地の70%程度といわれていますが、それはあくまでも理想であり、実際の売買価格とはかけ離れていることが多いのも事実です。客観的な調査やデータなどに基づいた適正価格ではなく、高額な額を提示すると地主に常識を疑われ、その後の交渉が決裂してしまうことになるおそれもあります。不動産鑑定士などの専門の資格をもったスタッフがいる取扱い業者に依頼して査定してもらうのもひとつの方法でしょう。

地主に買い戻しを提案しても、地主に土地の活用計画がない場合や借地権を買い戻す資金が調達できない場合には、第三者への売却を提案されることもあります。しかし、第三者へ買い取ってもらう場合に、その承諾を地主に求めると、ほとんどの場合は承諾料を請求されることになります。承諾料の妥当な額についても併せて専門家にアドバイスをもらうといいでしょう。借地権付きの物件を相続してそのまま売却したい場合、建物が古すぎて買い手が建物を建替えしないと居住できないというケースもあります。